五反田熟女風俗と荒くれ者

荒くれ者こそ風俗に惹かれる、また風俗は荒くれ者を歓迎しているという世界共通の真理に迫っていきます。それは五反田の熟女風俗にも関りがあるのです。

・英雄色を好むか
風俗は英雄以外にも広く門戸を開放しています。普段どうしようもなくどん底の生活を送っている人であっても、風俗は平等に客人を受け入れてくれます。ただし荒くれ者は昔から風俗に行くことを得意なこととしていました。例えば戦国時代などはまさにそうで、戦に勝って戻ってきたら戦士の多くが風俗で汗を流すということがありました。確かに現代に至るまで戦争後は勝った側のすさまじい陵辱行為が行われるわけですが、何とかそれを風俗の方で発散してはいただけないでしょうか。だいたい名の知れた豪傑には決まった風俗嬢がいたので、今で言うヤクザの情婦みたいな関係を結んでいました。情婦を風俗で働かせることが彼らの中で愛情として成立しているわけですが、自分たちの生活の一部に風俗が溶け込んでいるといえるので、英雄は色を好んでいるといえるでしょう。

・非英雄も遠慮することなく
英雄でない人でも風俗で存分に汗を流すことができます。やはり風俗は幅広く人を受け入れているので、男であれば誰でも構わないぜという姿勢を貫き通してくれています。弱々しい人であっても風俗を楽しむことは可能なので、一般女性と遊べない人であっても風俗で存分に楽しむのがいいでしょう。やはり風俗嬢は充分に性的な体験を積んでいるので、手ほどきをしてもらうのもちょうどいいでしょう。このような度量の大きさが風俗の魅力です。どのような人であっても拒むことがないのが風俗。金を持ってさえいれば確実に遊ぶことができます。結局風俗は金です。金さえ持っていればどうにでもなるので、普段から風俗で遊ぶためにお金を稼ぐことを考えていれば、まさに非英雄であっても充実した人生を過ごすことができるはずです。

・そして荒くれ者は荒野へ
風俗でしっかりと遊んだあとは荒くれ者は荒野へと戻っていきます。やはり性欲と暴力は人間の根源的な欲求であることが分かります。男は殴って女は抱く。片っ端から殴る抱くを繰り返す男は、まさに荒くれ者だといえるでしょう。しかし荒野に行ったとしてもだいたい風俗はあります。日本でも戦国時代にはデリヘルが存在して、戦場にまで遊女たちがやってきていたことが確認されています。このように男と風俗は歴史的にも切っても切れない関係性が続いています。これだけ風俗は地域と時代にかかわらず存在し続けています。つまりこれから先も風俗はなくなりません。これで働けるとなれば女性の最後の働き場所ということもできるので、これからも風俗、特に五反田熟女風俗から目が離せないといえます。